原因も治療法も様々ある肝斑治療

肝斑とは、顔の中央辺り、頬骨のラインなどに現れるシミのことで、発症年齢は30~40代の方が多く、症状は左右対称に表れます。
一定のリズムを刻む女性ホルモンのバランスの乱れが原因とされており、ストレスも原因の一つとされている症状です。
モヤのような見た目が特徴的ですが、一般的なシミと判別するためにも、皮膚科の医師に診療してもらうことをお勧めします。
なお、男性も体内に女性ホルモンが存在するため、男性にも起こる症状ですが、治療法は女性と同じです。

Copyright肝斑治療 All Rights Reserved.

肝斑治療